2017 . 09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017 . 11
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無理やり更新 


これといって書くことないんだけどなんか更新したいから無理やりネタ見つけるかな・・・



そういえば県/民/性なんつーもんが最近流行って?ますね。今日も某番組たまたま見てましたが・・・。自分は高校1年くらいのときに一回興味持ってネットで見てみたことあります。

いくつか面白かったの紹介してみるかなw長いけど興味ある人はどーぞw



●他県に行くと、富士山が見えないので方角がわからなくなる。
→これこそ最大級の特徴だと思う。方角を考えるときは常にフッジサーン中心。フッジサーンがあっちにあるから~って感じ。

●富士山は静岡県のものだと信じてやまない。 意識上では富士山は静岡県にのみ存在してると思っている 。
→こwwwれwwwわwwww知識としてはもちろん理解してるけど意識的にはそのとおりと言わざるを得ないwww

●高校サッカーで一回戦負けした後の沈み方は尋常で無い。
●なんなら西部地方で独立してもいいと思っている。
●大/井川の向こうの住民とは味覚が違うと思う。
●浜名/湖より西から文化圏が変わると信じている。
→これは県の西と東に関係するネタだと思うけど・・・正直西部と東部側ではなにもかもが違うと思う。サッカーの国SHIZUOKA!!とか騒いでるけどそんなの西の方だけだし・・・性格も大きく異なると思う。静岡市から西の人はよくわからない・・・!と大学で出会った人を見て感じた。西の方行くとまるで別世界行った気分になるし・・・。静岡は西の方は関西文化で東は関東文化だと思う・・・。ぶっちゃけ西静岡県と東静岡県にわかれてもいいんじゃ・・・・・・なーんて・・・冗談です。
ちなみに自分は東側住民です。県の西はじ行くより東京行く方が近いんですけど・・・ってくらいの位置に住んでます。

●小学校の時、椅子に座布団があり、防空頭巾の形をしていた。
→・・・・・これ普通じゃないの・・・?(真顔)中学でもあったぞ?あの黄色い座布団。防災頭巾て普通だよな!?でたまーにある防災訓練でこれ椅子から外して頭に被って避難訓練するんだよな!?ちょ・・・これ普通だよな!?これ見てる知り合い誰か答えてくれええええwww

●「出ない」のアクセントは「出」ではなくて「な」にあるものだ。
→で↑ない。 でな↑い・・・・・あ、ほんとだ・・・・( ゚д゚)

●試験販売地で、新製品を全国に先駆け、いち早く試せるのは自慢だが、「何についても平均的な県」と思うと、いささか寂しい。
→どうやら我が県は何についても平均的な県らしい・・・(´ω`)○○な県ランキングとかだと高くも低くもない位置ばっかで話題に上がりません・・・乙。西文化と東文化が衝突してるせいですかね・・・。

●新幹線の駅の数が多いことが自慢だ。
●知事が新幹線「のぞみ」に通行税をかけようと言ったとき、激しく同意した。
●静岡駅停車中のひかりがのぞみに抜かれるのはガマンがならない。
→ぶっはwwふいたwww横に長いから駅の数は多いんだけど(7~8個くらいあるのか・・・?)こだま以外の新幹線はほぼ止まらないらしいwww静岡シカトでスルーですねwwwカナシスwww

●おでんは駄菓子屋で食べるものである。
→テレビでちょっと前までしぞーかおでんなるものが取り上げられることがあったが・・・東の人間はそんなもん知らん!・・・と思う。自分は全国版のテレビできいてはじめてそれを知ったぞ!

●地震が来ると「もぅ、終わりか」と思う。
→wwwwwwwwwwwwそのとおりすぎて笑うしかないwwww
少しでも揺れると「ついにきたか・・・・・・」と身構える俺乙。

●「急いで」という意味で「ちゃっと」と言ってしまう。
→ちゃっちゃと○○しちゃいなよ~とか使うよね。・・・・・・・え・・・方言なの?まっさかー・・・

●「関東甲信越と静岡」、「愛/知・岐/阜・三/重と静岡」などのくくり方を聞くたびに静岡のアイデンティティについて考えてしまう。
→wwwwww東海の仲間にも関東の仲間にもいれてもらえないんですねわかりますwwwwwww

●クラスに「鈴木」が5人以上いたことがある。
→5人はねえよwww小学は3クラスあって1クラスに2人くらいだったような・・・。友達に3人「鈴木」がいたこともあったな・・・。あと中学は「青木」さんは6クラスあって2~3人ずついたなぁ・・・。鈴木・・・多いのか・・・?

●「松村さん」が、「村松さん」と間違われた回数は尋常ではない。
→これ県ネタか?wwwどこでもあるんじゃwww高校のときどっちもいてごっちゃになったことがあった気もするけどwww

●ヤマダ学生服のCMソングが歌える。
●♪田子重~でお買い物~♪の『スーパー田子重』のCMソングも歌える。
→学生服~はヤマダヤマダ~♪たっごじゅ~でおかいもの~♪

●箱根は静岡県でもいいんじゃないかと思うことがある。
→wwwwww神奈川だと気づくのに時間がかかった小さい頃の俺がイル。

●市役所のアクセントが「市」である。
し↑やくしょ。・・・・・ハッ( ゚д゚)ほんとだ・・・・。

●連休や夏休みなどに伊豆を目指してやってきて渋滞にハマっている県外ナンバーの外車を見て優越感を感じた事がある。
→超あるあるあr。外車じゃなくても他県ナンバーがハマってるとなんか内心にまにまする←

●宝永山の知名度の低さが不憫に思える。
→知ってるかい・・・フッジサーンには昔大噴火した時に出来たでっかいくぼみがあってだね・・・(ry

●動物園はもっぱら日本平動物園が王道。
→幼稚園の遠足で行ったところに高校2年の遠足でも行かされた屈辱は忘れない・・・。そしてまさかの現在に至る。

●いつか沈むと思っている。
→HAHAHAHAHAwww某日本の沈没映画でも真っ先に沈んでた気がするしなwwww
地震と噴火が同時に来たら沈む気がしないでもない・・・

●紀/州みかんや愛/媛みかんと張り合う気はないが、宇/治茶・鹿/児/島茶は認めない。茶は静岡が本家。
→茶は静岡茶だろjk。(緑茶への誇りだけは無駄に持ってる俺がイル)

●静岡は気候がちょうどいいと言われるが、寒いときは寒いし暑いときは暑いと思う。
→今も超寒いです。

●のっぽパンが大好きだ。
→これを作っていた地元パン工場が生産やめちゃって気軽に手に入るものじゃなくなってしまった・・・・悲しいです・・・(´;ω;)

●県の東西で見られるテレビ局の数も局もぜんぜん違うので、同県人なのに話が合わないことが多い。
→東西の溝は深い・・・・たぶん・・・・

●ペットボトル茶はまずいと思うが買う。
●緑茶を飲みながら食事をすることに違和感を感じない。
→え・・・普通だろ・・・!?外出先で飲み物買う時も頻繁にペットボトル茶買う自分乙。

●遠/州鉄/道バスの山/梨行きが本当に山/梨県まで行くと思ってた。
→いかねえのかよおおおおwwww

●これだけ交通の便が良いところに静岡空港を作る意義がわからない。
→な ぜ 作 っ た し

●徳/川家/康がそのまま久/能/山に葬られていたら駿/府の歴史は変わっていたと思う。
→な ぜ 別 の 場 所 に し た し
徳/川家と関係が深いことは県/民の数少ない自慢になってない気がする自慢ごとのひとつだと思ってる。そういえば高校に『時代が時代なら十六代目将軍になっていたであろう人が書いた習字』があった・・・・

●人が珍しく何かやってるときの台詞は「雨でも降るんじゃないか」ではなく、「雪でも降るんじゃないか」である。
→・・・・・ハッ・・・・そういえばあのときも・・・・。

●パチンコするならコン/コルドだと思う。
→少し前までコン/コルドを全国展開店だと思ってた俺が通りますよ~。

●熱/海が神奈川県だと信じている人間が多いのは哀しい。
→( ゚д゚)エエエエエエエエエエ!!熱/海・・・あーでもなんかそんな気もしてき(ry

●大井川向こうの連中とは同列に扱われたくない。
→何度も言うが西と東の溝は深(ry

●富士山が噴火したら、取りあえず、ひいひいばあちゃんが逃げて助かったという辺りまで走ればいいや、と思ってる。
→その通りすぎるwwwとりあえずうちの住んでるところまでは火砕流は来なかったそうだ。おkおk。

●地震があると、つい震度の予想をしてしまう。
→あるあるあr。揺れる→「今のどんぐらいだろ・・・結構揺れなかった!?3かな!?」→「いやせいぜい2じゃない?」→テレビの地震速報を見る。

●語尾に「ら」をつける。
→○○って○○だら?~だらとか~らが方言なのは自覚済みです。うっかりネトゲのチャットで「だら?(でしょ?)」って発言しかけてあわてて打ち直した。

●サッカー王国は誇りだが、静岡県警のマスコットのエスピー君までサッカー顔なのはいかがなものかと思っている。
→・・・・あれは衝撃的だった・・・。そしてマンションの給水タンクをサッカー柄にしてるの見た時も驚いた・・・・


長くなったけどこんなもんかな以上!!

ちなみにネタは
http://www.linkclub.or.jp/~keiko-n/go.html/sizuoka.html
ここ参照。
このサイトさん全部の県のネタあるから自県の見てみると面白いかもw

・∀・`)コソ・・・ツッコミ・同意・俺もやってみた!・・・を待ってるぜ知り合い諸君

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する